切磋琢磨するメンバーの存在と
色んなお客様と出会える場所。

SALES

山原 陽菜 HARUNA YAMAHARA

大阪支社 営業部 第2課 課長

経営学部卒

お客様のビジネスパートナーとして、両者WIn-Winの関係を築きあげます。 営業として活躍する傍らチームへのマネジメントも欠かせません。

SCROLL

Question 01

Q.サングローブで働く理由を教えてください。

恵まれた環境でプロフェッショナルを突き詰める!

自分が成長するのにとても恵まれた環境だからです。営業職ってどこの会社も大変なお仕事だっていうのは多分そうだと思います。ただ、そこから得られるものは千差万別だろうな、と。私の場合、入社前からサングローブって面白そうという予感こそあったのですが、それ以上に主体的にキャリアを積めることを重視していました。そして、実際働いてみると期待通りでした。

ビジネスパーソンとしてプロフェッショナルを極めるために自分から進んで道を切り開いていけるこの場所は、私にとってとても相性の良い職場です。

元々、おしゃべりが好きな性格で、誰とでも仲良くなれるタイプではあったのですが、コミュニケーションスキルがどの程度かは客観的に測れずにいました。だからこそ多くのお客様、加えて、色々な業種の方と出会えるサングローブでは、ダイレクトにリアルな反応をもらえるので、自分の現在地を知ることができ勉強になります。しかも鍛えられるわけです。もちろん、周りのメンバーの存在が刺激になっていることも非常に大きいと思います。

Question 02

Q.仕事のやりがい、モチベーションを教えてください。

チームのメンバーの受注が大きな励みになる!

働く理由とも重なるのですが、まずは自分の成長をありありと実感できることです。毎度PDCAを回しながら試行錯誤を繰り返すことで汎用力が身につき、同時にイレギュラーな事案に対する瞬発力も備わっていく。受注活動におけるどのフローも私にとってはかけがえのない成長の種なんだなって思います。だからいつも前向きになれるんです。

そして、仲間たちのひたむきな姿。チームのメンバーが受注するのって、とても励みになりませんか。みんな日々悩んで学んで頑張っているのを知っているからこそ、結果を残してくれたとき、本当うれしいんですよね。喜びの一報を電話で聞いた瞬間に、一刻も早く会ってその気持ちを分かち合いたくなるんですが、そのときはむしろ自分が成し遂げたことぐらいに高揚しているかもしれません(笑)。

もちろん、給与もモチベーションにつながっています。成果に見合うものとしてしっかり反映されるので、目標も立てやすいです。何より、一つひとつ積み重ねてきた結果をちゃんとみてもらえていることに毎度感謝しています。

Question 03

Q.今後挑戦したいことについて教えてください。

目指すは、逸材たちの輩出!

前述した通り、仲間の受注で私のテンションはすこぶるハイになっちゃうんですが、もっともっとそうした歓喜の場を作っていきたいと思っています。そのためには、そのためには、私自身がれっきとしたプレイングマネージャーとして立場を確立しなければなりません。したがって、メンバーのポテンシャルを最大限に発揮させるべく、一人ひとりに対してより有効な教育を行う必要があります。ずばり目指すのは、私よりも活躍する人材を輩出していくことです。

おそらく、チームマネジメントはプレイヤーで求められるスキルとは別のものなのかもしれません。でも、私は誰かを育てるということとこれまでやってきたことに少なからず共通項を見出しています。例えば人の話を聴く力、相手に伝える技術。これらは営業力全般にも通ずる話です。そういうわけで、自信があるのも確かです。

繰り返しにはなりますが、サングローブという環境はとても恵まれています。挑戦せずにはいられません。いたるところに絶好の機会が転がっている類まれな会社です。
ということで、これからも進取果敢に切磋琢磨できるアドバンテージを生かし、組織全体で成長できるよう精一杯考え、実行していきます。

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。