総務部は組織を支えるプロの「なんでも屋」

GENERAL AFFAIRS

山内 沙耶 SAYA YAMAUCHI

総務経理部

社員の労働環境を整え、契約書類などの管理を行う労務に携わっています。サングローブの「縁の下の力持ち」として、皆さんのサポートをするのが私の役目です。

SCROLL

Question 01

Q.サングローブに入社する前の印象と、入社後の印象を教えてください。

「こういう仕事も楽しい」と気がついた。

「総務の担当業務は幅広い」とは聞いていましたが、想像していた以上に広範囲だったことが一番のギャップかもしれません。一般的に思い浮かべる事務仕事はもちろん、社員の健康管理や社内イベントの取り仕切りなどにも携わる「なんでも屋」が総務部ですね。

わたしはサングローブに入社する前は接客・販売業をしていました。はじめはお客様と直接やりとりをすることが多かったのですが、現場でキャリアを積むうちにチームをまとめたり数字を管理したりといった仕事が増えました。淡々と仕事をこなしているうちに、「案外わたしはこういう仕事も楽しめるんだな」と気づいたんですね。もちろんダイレクトにお客様とお話をするのも楽しいのですが、裏方として「いかにスムーズに仕事をしてもらうか」を追求するのも同じくらい楽しかったんです。

サングローブに入社したのは、たまたま知り合いにWeb業界で働いている人がいたから。転職について相談をするうちに、まだまだ発展途上のICT分野に興味がわきました。総務部は他の部署のように直接制作にかかわるわけではありません。でもそういったプレイヤーの皆さんがより働きやすい環境を整えることで、社全体の効率やモチベーションを改善することはできるかなと思っています。

Question 02

Q.仕事をする上でのやりがい・モチベーションはなんですか。

働く人の管理=組織の最重要パート。

「社内で一番目立たない『縁の下の力持ち』ならではの視点で会社に貢献できること」が、わたしにとって総務部で仕事をする上でのモチベーションです。こんなことを言ったら怒られるかもしれませんが……総務部は本当に地道な仕事ばかりです。でも、だからといってやりがいがないわけではありません。

今わたしが主に携わっているのは労務管理です。新入社員用のツール準備・雇用契約書の作成・勤怠管理・退職者の手続きなど、「誰が入って誰が辞めたか」を管理しています。会社の基盤は「そこで働いている人たち」ですから、実はサングローブの一番大切なパートを担ってるのかもしれませんね、わたし(笑)

それに加えて、サングローブで働く人たちにとってどんな環境・制度があれば働きやすいか。また会社にとってどんな仕組みなら管理しやすいのか――繰り返しになりますが、会社全体の運営にタッチできる総務部だからこそ、そういった一歩引いた目線からサングローブをよりよい組織にしていく提案ができると考えています。

Question 03

Q.これからの目標・挑戦したいことはありますか。

頼られる総務・プライドを持った「なんでも屋」になる。

わたしが目標としているのは、サングローブで働く他のメンバー全員です。サングローブで働く人たちは、皆さんそれぞれにプロフェッショナリズムを持っています。単に自分の仕事に自信を持つだけではなく、「クライアントにどう響くか? どうクライアントの利益を最大化するか?」ということを常に考えています。その精神は、総務部も絶対に持つべきものだと思うんです。

ただデータ入力をするだけなら、アルバイトを雇えば十分です。なんならこれからどんどん自動化されていって、生身の人間を使う必要がなくなるかもしれません。でもわたしは社員としてその仕事を任されている。なら、そこに携わっている以上は、求められているのはやっぱり会社の発展に貢献することではないでしょうか? わたし自身はまだまだヒヨッコで、毎日新しく覚えることばかりです。でもいずれは「山内に聞けばなんでもわかる」と言ってもらえるくらい、総務部として皆さんに頼ってもらえる存在になりたいと思っています。

「なんでも屋」のプロフェッショナリティは「なんでもできること」ですから。

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。