仲間と共に切磋琢磨しどこよりも
強いエンジニア組織を作る。

DESIGNER

岡田 啓 KEI OKADA

Web開発事業部 部長

理工学部卒

Web事業部でのフロントエンドチームのリーダーとして、Webに関する幅広い業務に関わっています。

SCROLL

Question 01

Q.前職の経験を教えてください。

以前は寝なさ過ぎて
しょっちゅう心臓がバクバクしてました。

元々はWeb会社の制作部長として、大小問わず様々なサイト制作を手がけてきました。責任者ですがマネージメントだけでなく、デザイナー兼フロントエンジニアというかたちで自身が実務も一番こなしていました。1,000ページ超えの大規模サイトを1人で3ヵ月の納期でやった時は寝なさ過ぎて心臓が止まるかと思いました。常に納期に追われ、当時は下に教えながらよりももう自分がやった方が早いと思い、教育もそっちのけでひたすら制作していました。

ですが、段々と会社と自身の思う方向性にズレが生じてきました。どれだけ大変でも、例えば毎月300時間以上仕事をしていても、会社とやっぱり最後はお客様のために頑張ってましたが、だんだん会社の経営の方向性と自身の求めるものに違いが生じてきて、思い切ってフリーとしての道を選びました。

Question 02

Q.入社理由を教えてください。

結婚し子どももできたことで
また会社で勤める決意をしました。

フリーに転身したことで待遇は3倍以上になりましたが、いつも何となく不安を抱えていました。最初は元々のお客様からちょこちょこと仕事をいただいていたところから、最後は7社のWeb制作会社の下請けになりました。その内の1社は業界にいれば誰でも?知っているところです。いよいよ結婚とその後に子どもができたことで、改めて企業で務めるという選択をしました。その際、ありがたいことに元々お世話になっていた元請けの会社からオファーをいただきまして、社長自ら自宅にまでお越し下さいましたが、たまたま偶然ちらっと見たGreenでサングローブを見つけました。

最初はどんどん会社が増えて下火になってきてるWeb制作の業界の中で、やたら勢いがあるなというくらいの興味でした。もうどこの会社で勤めるかが自分の中で決まっていましたが、自分も最後の再就職にしようと思っていたので、一般でサングローブだけ受けてみることにしました。そこで何と一次面接で代表がいてあまりにも意気投合してしまい、そのまま勢いで入社を決めてしまいました。

Question 03

Q.サングローブの特徴を教えてください。

一番求めたいスキルは常に
「勉強し続ける」技術。

自分もこの業界で15年以上ガッツリやってきているのでスキルには相当自信がありましたが、入社して即上には上がいることを思い知りました。でもそんな気持ちが逆に新鮮で、それだけでもこの会社に入って良かったとすぐに確信しました。またサングローブには自分の担当しているフロントエンドだけでなく、インフラ構築からプログラム開発、CMS設計、マーケティング、広告運用、そしてデザインまで、様々な分野を得意とするクリエイターが集結しています。自分の専門としている技術以外のエキスパートがたくさんいて、特にエンジニアは「最低水準」が大変高いため、論理的に正しいことは誰でも皆しっかりと話を聞いてくれます。

また自分がこれをやりたいと手をあげれば、だいたいのことはやらせてもらえる程、自由度が高いです。勉強会やサービス向上、スキルアップのためになるという目的を説明さえすれば、学会参加や機材購入などの費用は当然のように全額負担してくれます。プロジェクトのキックオフや打ち上げの費用までもです。

他部署でも様々な価値観や技術を持つ社員が数多くいまして、自身にない価値観を持つ人と関わる経験や、優れた技術を持つ人と一緒に働くことができるとても刺激的な環境であると思っています。と同時に皆プライベートでも仲が良く、とにかく居心地が良い会社だと日々思いながら働いています。この歳になって、毎朝会社の行くのが楽しみになっています。

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。