「何でも書ける」が私たちの誇り。
お客様の願いを文字で叶えます。

WRITER

中川 栞 SHIORI NAKAGAWA

Web制作事業部 ライティング課 課長

ライティング課のリーダーとして主にライターの指導・教育を担当するほか、大規模案件の執筆なども担当。Web制作全般にわたる知見を活かし、一部開発業務にも携わっています。

SCROLL

Question 01

Q.具体的にどんな仕事をしていますか?

「書く」のすべてを引き受けます。

「お客様の事業の魅力を伝える」というただひとつの目標のために、ひたむきに文章を書く。私たちの仕事は日々この繰り返しです。ヘアサロンに施工会社、レストランや税理士事務所などの想いをまとめたコーポレートサイトをはじめ、最近ではECサイトや求人広告まで何でも書きます。
CVRを上げるためのライティング…と言ってしまうと味気なく感じますが、ちょっと視点を変えて「自分がよいものを書けば、お客様の暮らしがちょっと豊かになるかもしれない」なんて考えながら書くと、なかなかに奥深いものです。

私個人の業務でいうと、CMSサイトの型番制作に携わったり、特殊な大型案件の依頼を受けたり。自分は入社当初からそういったルーティン外の業務に就いていることが多いですね。今は管理者なので、新人の添削や進捗管理も大切な仕事のひとつ。いずれにせよ「書く」ことの専門家として、サングローブ内で必要とされる「文章」のほぼすべてを担っているのが私たちライターです。私たちの書いた文章で、お客様の未来がほんの少しでもいいほうに変わることを日々願っています。

Question 02

Q.サングローブに入社を決めた理由は?

「天国」と聞いたので…(笑)

新卒入社した広告制作会社で、プロダクションマネージャーとしてWebサイト制作やCM撮影の進行管理を担当していたのですが、とにかく朝も夜もないような激務で…撮影現場を徹夜で駆けまわって「カット!」とか叫んでたんです(笑)

そこで年次を重ねていくうちに、もっとじっくりひとつの業務に向き合いたくなって。4年目の春に差し掛かる頃、サングローブと出会いました。昔から書きものは大好きでしたが、仕事としてのライティングは進行のかたわらで時々やっていた程度。それでもWeb制作の全貌を知っている自分なら役に立てるんじゃないかと思ったんです。一次面接の真っ最中に内定を出してくださり、「書くのが好きな人にとっては天国みたいな仕事だよ!」というお言葉にその場で入社を即決しました。

Question 03

Q.サングローブのここが好き!

プロがそばにいる。
自身もプロでいられる。

完全分業制で内製スタイルが整っているところ。ディレクターさんのほか、主に開発&制作のコーダーさんと日々やりとりしていますが、違う畑のプロフェッショナルがすぐそばにいるのは得難い環境ですよ。自身も「ライター」という専門職として尊重していただけるたび、しゃんと背筋が伸びるような心地がします。

あとはとにかく皆さんお優しい…管理職ビギナーの私は、いつも他部署の皆さんやライティング課の皆に助けてもらってます。課の20名以上のメンバーを日々数え切れないほどの試行錯誤に付き合わせてしまっているのですが、しっかり成果を出して課を支えてくれるので感謝しっぱなしです。お客様のためだけでなく、大好きな仲間のためにもこつこつ頑張っていきます!

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。