やりたかった仕事を
恵まれた環境でやれる喜び。

SALES

中村りこ RIKO NAKAMURA

東京第二営業部 課長

求人営業を通じ、当社が誇るサービス・価値を顧客へ提供しています。また、チームリーダーとしてメンバーのマネジメントも行っています。

SCROLL

Question 01

Q.具体的にどんな仕事をしていますか?

「イツザイ - itszai -」の魅力を伝える、届ける、広める。

中小企業、個人事業主様向けの求人サービス「イツザイ - itszai -」の営業を担当しています。
簡単に述べると、オーナーや経営者の方々にこのサービスの魅力を伝え、潜在する求職者との出会いにつなげるお仕事です。
私個人の営業スタイルとしては、商談がメインとはいえ、あくまで課題解決型の提案でお客様と協力していくスタンスを取っています。

仕事を通じて気付いたのは、採用意欲はあっても実際どのように動けばよいのかわからないお客様が意外と少なくないということ。
そうした不安の声に「イツザイ - itszai -」は応えてくれます。
だからこそ、もっと多くの採用困難に悩んでいる方々へ届くよう、このサービスの良さを広めていきたいです。

また、チームリーダーとして新人教育をはじめ、メンバーの業務進捗の確認や数字・予算の管理も行っています。
その他、皆にお菓子を配ったり、もらったりする係です(笑)。
大変なお仕事ですが、メリハリつけて頑張っています。

Question 02

Q.サングローブに入社を決めた理由は?

この仕事がしたい。この人と働きたい。

前職ではスキンケアの販売をしていました。仕事自体は、やりがいのある仕事でとても楽しかったです。
ただどうしても打ち破れない壁がありました。
それは、(サービスの特性上)課題に対してそもそも根本的に解決できるわけではない点です。
もちろん、お客様目線で商品を提供している自負こそありましたが、「果たして本質的なニーズに応えられているのだろうか」と自分なりに悩み、葛藤した末、心の奥底では割り切れず転職を決意することにしました。

新たな職場を選ぶポイントとしては、やはり、お客様のニーズに沿った価値提供ができるかどうか。そこを軸に、魅力的な無形商材を扱うお仕事をしたいと思っていました。
結果、サングローブとご縁があったわけですが、業務内容もさることながら最終面接での印象が決め手となりました。
当時担当していただいた方は、私の今の上長です。
自由すぎる私の話を傾聴してくれた姿に大げさではなく感動し、「この人と働きたい!」と思いました。

Question 03

Q.サングローブのここが好き!

対話しやすい空間と結果を出した時の高い評価に感謝。

まず、風通しのよい職場であることです。
部長はもちろん、各部署の皆様、執行役員の方ともコミュニケーションが取りやすい環境であるのは、お仕事を進めるうえでも非常にありがたく思っています。

次に、社内にて設けているBarルーム。
密にはなれないご時世ですが、親睦を深めるのにうってつけのスペースです。
憩いの空間であると同時に、普段言えない仕事の悩みや相談ごとができるので、ミーティングなどでも重用しています。

そして、納得の人事査定。
結果を出せばその分、否、それ以上に高く評価してもらえます。
決して容易いお仕事ではありませんが、成果をあげれば、それをダイレクトに評価してくれる制度があるので、常に高いモチベーションで仕事に臨むことができています。

その他には、年齢が近いメンバーが揃っているのもうれしかったですね。
オフィスカジュアルが浸透している点も好きなところです。堅苦しくないのは、快適に働けている理由の一つだと思います。

円滑に対話を図ることができ、余りある適正な評価もいただける恵まれた職場です。会社もそうですが、皆のことがどんどん好きになっています(笑)。

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。