デザイナーの一日に密着取材

DESIGNER

久保 沙織 SAORI KUBO

Web制作事業部 デザイナー

2019年7月入社 芸術学部卒

自社のテンプレートデザインを制作する「型番デザイン」と、お客様に向けてオリジナルにデザインする「フルスクラッチデザイン」がメインです。 その他、「バナー制作」「画像の切り抜き」「DTPデザイン」などデザイン全般何でもやります。

SCROLL

10:00

出社

出社したらまずその日行うタスクを確認して、上長に報告します。作業時間も見積もって一日の段取りを決めたら、あとは目標に向けてまっしぐら! 何気ないルーティンですが、モチベーションも集中力もぐっと高まります。

10:15

型番デザイン

早速作業開始。毎日盛りだくさんのラインナップです(笑)。お客様の業種が多岐に渡っているため、幅広いジャンルのデザインを手掛けることができます。多種多様なWebサイトに携われるのはありがたいことだなといつも実感する日々。飽きがこなくて楽しいというのもあるけれども、本当勉強になることばかりです。

11:30

型番デザイン/フィードバック

新規に型番を制作する際は、オーナー/ユーザーペルソナを設定し、その業界の傾向などを調査するところからはじめます。「解決すべき課題は?」「核となるトピックは?」こうした自問自答の後でレイアウト、配色、フォント、素材の活用……etc、想定し得る利用シチュエーションを加味し、工夫を重ねていきます。そうやって一つひとつのロジックや過程を大切にしながらデザインを固めていくわけです。デザインが完成したら、上長に確認依頼を出して、フィードバックをもらいます。

12:30

相談

もちろん、デザインに悩んだり煮詰まったりすることも少なくありません。その場合、上長や他のデザイナーの意見だけでなく、時に他部署のメンバーからの視点も参考に取り入れるなど、とにかくアイデアを集めていきます。誰かのちょっとした一言がきっかけとなり、答えがみつかることも多いです。

14:00

昼食

ランチは業務時間の折り返しでもある14時に行くことが多いです。この時間帯だと、お店も比較的空いています。しかも会社周辺は美味しいところだらけ。後半戦に向けてしっかりと活力を蓄えます。

15:00

フルスクラッチデザイン

フルスクラッチデザインにおいてまず肝心なのはプロジェクトに関わる方々との方向性の相違を未然に防ぐことです。そのためにもお客様や社内ディレクターの要望は、細かくヒアリングします。例えば、制作の目的が「反響を上げること」「ブランディングにつなげること」だけだと曖昧なまま進行していく恐れがあります。そうならないよう大切にしているのは「問い合わせ数の増加」「売上アップ」「SNSでの評判の数」など具体的な成果を共有することです。一方で「ドライなデザインにならないこと」「写真を多く使うこと」といった注意点もきちんと把握するようにしています。
こうした意識を常に持ち、制作途中で発生しそうな疑問点は可能な限りヒアリング時、クリアにします。そのうえでデザイン制作に着手。質の高いアウトプットを目指します。

19:00

帰宅

仕事はメリハリが大事! 定時になれば日報の報告、明日以降のタスクを整理して帰宅です。

WITH NUMBER ONE ナンバーワンを、共に。